不動産購入における現地確認は、隣地との境界や隣地の今後の利用計画も確認しておく必要性があります。

不動産の現地確認では隣地確認も重要です
不動産の現地確認では隣地確認も重要です

不動産の現地確認では隣地確認も重要です

不動産を購入する前に、多くの人は現地確認に出かけると思います。不動産業者の広告だけで購入を決められる人は、一般の人の中には少ないでしょう。しかし、現地に行って何を見るのかということがはっきり決まっていないとあまり意味がありません。細かいところまで入れれば、かなりの項目がありますし、人によって、物件によって変わってきます。

主要なものとしては、物件から駅までの所要時間を実際に歩いてみて確認すること、さらに、学校や商業施設までの所要時間も同じように確認することが必要です。そして物件自体については、意外と見落としがちなことがあります。それは隣地です。1つはその隣地との境界線です。測量士や土地家屋調査士などが作った図面を参照しながら隣地との境界を確認する必要があります。そして、その際に図面と現況が一致していることも確認しなければいけません。それから、隣地の利用状況です。建物があれば、それが日当たりにどの程度影響するのかということを確認し、空き地になっていれば、今後の利用計画なども確認しておく必要があります。大きな建物が建てば、日当たりに影響してくることは間違いありません。これらの隣地についての確認は意外と一般の人にその必要性が理解されていないことが多いので注意が必要です。